スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村三郎さん、そしてヤモケン



昨夜スローハンドへお越しくださった皆さん、とても素敵な時間でした。
ありがとうございました。
木村三郎さんの「すごくいいライヴ」に出場させて貰った。
三郎さんは私の音楽を冒険する少年のようだと言ってくれた。
「今日は出場する3人がそれぞれの冒険で集めたビー玉を見せ合いっこするような日かもしれない」という三郎さんの前説が皆をワクワクさせた。
今年はビバとソロを少しお休みしている私なんですが、三郎さんに会いたい気持ちで出場を決めた。
実際、会えてほんまに嬉しかった。なんだか幼馴染みみたいな気持ちになった。
大先輩なのに何故かそのノスタルジアがあったのが自分でとても不思議やったし、それをマジで楽しんだ。
昨夜は、スローハンドの空間、集って下さったお客さんにも同じ事を感じた。
何故や。私より皆大体めちゃめちゃ年上やったのに(笑)!
…うん。あれは完全に三郎マジックやと思う。
あの方はそういう事を常にしてるのかも。
昨日自分のライヴは、どの曲が良いというのでなく全体を通して一つの物語があるような時間を創る、という事がしたいと思っていた。
とりあえずギターとピアノのシンプルな流れで繋がりを感じた曲をその場面で選びたいな、と。
三郎さんの前説は、そのグルーヴの端っこを手渡してくれたようなもので、私はもうひたすら素直に唄い続けリラックスした。
色々ミスったのが反省やけど、自分が昨日感じた感動や楽しみはほんま正しいと思えて幸せだった。
ありがとうございました。
ほんまその後は三郎さんのステージを見て、ひたすら大きな声で笑ったし涙をダーダー流した。

そこでふと矢本健士を思い出す。
前日の西宮北口RJでのjazz session。
シチロちゃん(アヤオトのベース)、矢本健士(ヤモケン)、ニセキさん(メアソーさん)、そして酒井広隆氏が演奏に参加してくれた。
最近はシチロちゃんと何かとつるんで音楽時間を過ごしている。スローハンドにも来てくれた。
そう、久しぶりのヤモケン。彼をシチロちゃんに紹介出来たのも、勝手ながらめちゃめちゃ嬉しかった。

二日連続でとびきりのステージマン達と会って、パワーがみなぎってます。

ありがとう。ほんま幸せやな~


今夜は、十三クラブウォーターで、なんと絵本を読みます。

唄うように話せれば、きっと正解やな。今の私には。
それほど、昨夜の木村三郎さんの魔法は素晴らしいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビバさと

Author:ビバさと
SATO(奥田聡子)音楽家です。

http://sato-sound.com
ビバ☆シェリー、A Hundred Birds、newtoyなどのBAND活動の他、楽曲制作、楽曲アレンジ、キーボード、コーラス、ヴォーカルレコーディングやLIVEでのサポート、又ボイストレーナーとしての仕事もしています。
お気軽にご連絡ください↓
satoko1203aow@gmail.com

★SATOソロ(シンセ弾き唄い)

10.27 (木) 渋谷guest
11.9 (水) 京都DEWEY
11.19 (土) THE WELLER'S CLUB

★ビバ☆シェリー

10.22(土)京都 UrBANGUILD
10.30 (日) ボロフェスタ出演決定!
11.7 (月)京都RAG
12.11(日)東京 試聴室
12.16(金)奈良NEVER LAND
12.17(土)@名古屋KDハポン

★newtoy
YouTubeにて配信中

★A Hundred Birds

12.24(土)なんばhatch
12.26(月)渋谷o-east


・「ビバ☆シェリー」
シンセ・VoサトとDr・木琴ヒメコの女性2人BAND。リズミック&スペイシーな音に遊び心溢れるドラムが絡まり、キャッチーで粋な音楽。
2016.3/3に「THE SUNSET MORNING BAY」をSIMPO RECORDSよりリリース。

・「newtoy」
スタジオSIMPOの小泉大輔との録音BAND。実験的アイデアとエバーグリーンなテーマとの遭遇を追及中。このユニットの作品はYouTubeで公開中。

・「A Hundred Birds」(AHB)
ハウスミュージックのオーケストラBAND。コーラス係。レコードを繋ぐハウスDJ.PLAYをオーケストラで生演奏。指揮DJ.YOKU。本年20周年を迎える。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。