スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガポジ

9・20ネガポジへお越しくださった皆様、
メールや念を送ってくれた皆さん、
マジで嬉しいです。ありがとうございました!

素敵な夜になりました。
感覚的なものですが、それに関してはとにかく素晴らしい夜だった。
エネルギーに満ち溢れていたし、垢ぬけていた。

ヒメコと長くなってきました。
彼女無しでは語れぬ人生を私は歩んでいます。
こんな個人的な生き方が周りと交わる事が出来て
ビバシェリーがあり、私があります。

この夜の会場も当然、ネガポジでした。
ネガポジ以外は有り得ません。
でも店内のありとあらゆる物を動かし、まるでネガポジではない場所にしました。
机もイスも無し。照明は常に暗く、天井や壁に流れる光、映像。
「じゃぁ、ネガポジでなくてもいいやん」と思った人が居たなら最悪。失敗。
でも成功した。成功せねばならなかったから。
ネガポジに私達が居る意味を、ここぞの日に共に感じたかったわけです。
みんな来てくれて本当にありがとう!


さて、日記なんで自分の為に。ここから長くなりますし。

8月、DJ.Takanori Hirano(以後DJ平野氏)にライヴ共演のオファーをした。
私は今年の6月くらいからコラージュやウェラーズといった京都のクラブへ通っている。
お金ギリギリでも通って飲んで踊って朝バイトで稼ぐ→クラブ行く。のサイクル。
私はコラージュでライヴを挟んで貰った事が数回あり、
そこで平野さんを知ることになった。
彼に何故魅了されるか、ふと思うに彼のDJは彼自身の音がするのでしょう。
平野さん追っかけをきっかけに、一人クラブに通ううち、
好きな空間、音楽の聞き方、楽しめる事が明確になってきました。
同時に自分が作る音楽やライヴはどんどん色褪せて感じ、たまに辛くなった。
バイト代をクラブで使うだけの生活になっても構わんとか、
音楽聴いて踊ってる方が絶対楽しいんじゃないか・・・と思った。
だから焦ります。いつも。
しかし、私が踏ん張るのは、音楽に愛されていたいからやと思うのです。
重たい扉が1ミリ動いて更に向こうへ想いを馳せることになるのは、
ワクワクとは裏腹に、勇気がいる。
しかし、守るものがあるからこそ、我々は戦うのであります!

長くなりましたが、そういった気持ちを平野氏は確実に持っている気がします。
とにかく信念を聴かせる人であるのは間違いないでしょう。
敬意と共にライヴ共演、誘う限りは、楽しんで貰いたい。
という事で、DJ空間をどのようにネガポジで切り開くかの会議となる。
素晴らしかったのは、彼も成功せねばならんとやはり感じてくれる事。
あらゆる角度からその一夜の事を考える姿勢。
DJというのはミュージシャンよりも責任があるのかもしれません。
まずい時間になるも良い時間になるも、
お客さんの印象に残るのが、そのレコード、曲、ミュージシャンだったりもする。
その場合は、選ばれるレコード達が喜ぶようなDJをせねばならんでしょう。
今回はそういう彼の感覚に加え、ビバにまつわる時空間を如何に受け持つか、
という事を本当に大事に考えてくれたと思います。
つまり、ネガポジという聖地に対して。
ビバのコアで素晴らしいお客さん達を相手に。
DJでの長時間共演。
今回はライヴ前に1時間半、ライヴ間に1時間、終わって2時間でした。

そこでもう一人、重要な人物を誘い込むことになりました。
VJ.akira-o(以後アキラさん)
空間プロデューサーと言えるでしょう。
天井、入口、DJブースに映し出される光。その場で撮影しての映像。
我々の遊び心、好奇心をあれだけ実現化してくれる人が居るとは!
面白かった楽しかった!まるで私なんかから見ると彼はマジシャンです。

アキラさんとは平野氏の紹介で今回初めて出会い、すぐ依頼という感じでした。
毎夜のVJ活動の隙をみて夜中にネガポジへ下見へ来て下さった時、
私は心から彼に頼んで良かったと思いました。本当に嬉しかった。
本番前日仕込みや当日手伝いに来てくれたVJ.フィッシュ。
彼女は以前ネガポジでアルバイトしていたので、面識がありました。
テキパキと本当に一生懸命仕込みをしてくれて感動しました!
彼らのお陰で、遊び心たっぷりの会場が出来上がった。
普段の楽屋を開放して休憩場としていたが、
お客さんはライブ会場から殆ど出て行かなかった。
これは間違いなく、DJ平野、VJアキラオー、VJフィッシュのお陰でした。
愛に溢れた参戦、本当にありがとうございました。
(だれも読んでいないと思いますが笑!!!)

そして、ネガポジ。
スタッフのえぞえ君、カレル君、村上君。
ヒメコと私では動かせぬソファーやら机やらを自ら運んでくれました。
掃除機かけてくれたり、褒めてくれたりした。
彼らがどう思っているかは分からんが、私らは心から感謝しています。
ありがとう。


最後に、今日ヒメから当日の録音を送ってもらって聴いた。
演奏はいつもより良くないところも沢山あった。
でも、皆がめっちゃ参加してくれていたのがもっかい聴けて嬉しかった。
色んな場所から、欲しいところで声がする。
最高のお客さんだった。信じられへんくらい参加してきている。
やっぱりこの界隈の人達は最高だった。サンキュゥッ!!!


翌日、ネガポジへカレル君を見に行った。
すると、ビバに来てくれて騒いでくれてた仲間がまた来ていた。
ジョンカストロオイルのサミ君やら、ハマジ、雨市の金丸君やら。
ネガポジサイドも山崎さんは勿論、ヒデキさんに村上君。
カレル君のステージ初めて観て、素晴らしかったのと、
こんな事が毎晩展開されているこのモンスターハウスに出入りする皆に感激した。
すごい場所に居るのは皆間違いない。

これからもよろしくおねがいします!
ありがとう。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

サイコーに楽しかった。
ラヴ♪

はまじ。あなたにはお金払ってでも来てほしいと思っていました。
ありがとう、また遊びに誘います。
明日も逢えるかもね~(笑)!
プロフィール

ビバさと

Author:ビバさと
SATO(奥田聡子)音楽家です。

http://sato-sound.com
ビバ☆シェリー、A Hundred Birds、newtoyなどのBAND活動の他、楽曲制作、楽曲アレンジ、キーボード、コーラス、ヴォーカルレコーディングやLIVEでのサポート、又ボイストレーナーとしての仕事もしています。
お気軽にご連絡ください↓
satoko1203aow@gmail.com

★SATOソロ(シンセ弾き唄い)

10.27 (木) 渋谷guest
11.9 (水) 京都DEWEY
11.19 (土) THE WELLER'S CLUB

★ビバ☆シェリー

10.22(土)京都 UrBANGUILD
10.30 (日) ボロフェスタ出演決定!
11.7 (月)京都RAG
12.11(日)東京 試聴室
12.16(金)奈良NEVER LAND
12.17(土)@名古屋KDハポン

★newtoy
YouTubeにて配信中

★A Hundred Birds

12.24(土)なんばhatch
12.26(月)渋谷o-east


・「ビバ☆シェリー」
シンセ・VoサトとDr・木琴ヒメコの女性2人BAND。リズミック&スペイシーな音に遊び心溢れるドラムが絡まり、キャッチーで粋な音楽。
2016.3/3に「THE SUNSET MORNING BAY」をSIMPO RECORDSよりリリース。

・「newtoy」
スタジオSIMPOの小泉大輔との録音BAND。実験的アイデアとエバーグリーンなテーマとの遭遇を追及中。このユニットの作品はYouTubeで公開中。

・「A Hundred Birds」(AHB)
ハウスミュージックのオーケストラBAND。コーラス係。レコードを繋ぐハウスDJ.PLAYをオーケストラで生演奏。指揮DJ.YOKU。本年20周年を迎える。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。